愛犬が老犬になる前に

こんにちは。
うちに老犬のトイプードル15才がいます。
若い時は、車のドアを開けると飛び上がって乗る、階段は猛スピードでかけ上がる、かけ降りる、帰ってくると嬉しくて大きな声で吠えまくる、いつもソファの背もたれの上に座る、散歩中リードを引っ張るetc

けれどこれらのことが今では全てできません。
本当にたった数年前とは大違いなんです。(T_T)
紙オムツ、階段から落ちないように突っ張り棒、目が見えないので机の角はクッション材を張る。そう、まさにまた子育てが始まったかのようです(笑)

前に海外のこんな記事を読みました。
自分はもう老人で、お金もなく、面倒がかかる愛する老犬を泣く泣く動物保護センターに渡す。家に帰るといつもいる愛犬がいない味気ない生活が始まると思うとやはり耐えられなかった。翌日やっぱり連れ戻そうと動物保護センターに迎えに行くと、何と愛犬はすでに安楽死させられていたそうだ。理由は所長の手にかみついたからだそうだ。こんな狂暴性のある犬は里親など見つからないと判断されたそうだ。
犬には知らない場所、知らない人、不安になって当然なのに、たった1度、たった1日で死ななければならなかった愛犬に申し訳なさでいっぱいになったそうだ。

また、こんな投稿もワンワンズで見つけました。

もうすぐ13歳になるダルメシアンを飼っています。仔犬の頃からおもちゃも遊びも好きではなく、とにかくナデナデしてほしいばかりの犬でした。
数年前から夜になると夜泣きを始めましたが、近づくと歯をむき出しにして唸って吠えてくるようになりました。色々な方法を取っても改善せず、病院で薬を処方してもらいましたが、それもいつしか慣れてきて効かない‥。全てに疲れて諦めていましたが、毎夜の散歩の時にひたすら褒めて褒めて褒めちぎって散歩をしていたら、夜泣きがなくなり、ガルゥ〜も無くなりました。

諦めないでダルメシアンの飼い主さんのように私も頑張ろうと思います。

#老犬介護
#老犬にもしつけ
#飼い主にも覚悟が必要
#犬は家族
#犬は最高のセラピスト


1日ワンクリックで応援お願いします🎵

投稿日時:2017年9月29日

このページの上部へ戻る