「愛犬が天国で幸せでありますように」4歳の子が送った手紙が起こした奇跡

みなさん、こんにちは。
今日は子どもの愛犬(子どもにとっては家族であり、大親友である)の死を目の当たりにし、取った「心暖まる優しい行動」について掲載したいと思います。
これを読んで私は改めて、愛犬の存在は子どもにとって大きく、必ずや迎える愛犬の死に、自分ができる最大の純粋な思いやりあふれる行動を普通にとることができるのだなと感じずにはいられませんでした。
以下わんちゃんホンポより心暖まるお話を紹介します。

天国に旅立ってしまった愛犬「アビー」

この物語の主人公は4歳の少女。天国に旅立ってしまった愛犬に送った手紙が、まるで奇跡のようなストーリーを生んだと話題になったお話です。

2009年8月、4才のメレディス・クレアちゃんは兄弟のように育った愛犬のアビーを病気で失ってしまいました。

天国にいる愛犬のお世話を、神様に頼む手紙

手紙

かけがえのない兄であり親友であったアビーを失ったその日、両親の慰めも耳に入らないかのように、メレディスちゃんは泣き続けます。
ところが、悲しみがまだまだ癒えないその翌日、彼女はあることを考えつき、両親にペンと紙を渡します。

「神様に手紙を書いて!」

それで悲しみが少しでも癒えるならばと、まだ字のかけない彼女に代わってお母さんが手紙を書きました。

宛先は天国、宛名は神様。
天国はとてつもなく遠いに違いないと思ったメレディスちゃんは、この手紙に切手をたくさん張って近所の郵便局に出しました。

神様お願いです。私たちの家族・アビーのお世話をお願いできませんか?

“親愛なる神様へ

神様にお願いします。私たちの家族であるアビーのお世話をしていただけませんか?
アビーは昨日、亡くなりました。天国では病気が治っていますように! 苦しんでなどいませんように!
神様、アビーはもうここにはいません。
でもアビーと一緒に過ごす時間を私たちにくださってありがとう。
神様がすぐに彼女だと分るように、アビーの写真を同封します。よろしくお願いします。

メレディスより 愛をこめて・・・

(この手紙はママが代筆しました)”

奇跡が起きた!?

さて、この手紙を投函してから2週間後、奇跡が起きます。
一家が帰宅すると玄関の前に小さな小包が置かれていました。
そこには「神様より」と署名が!

メレディスが小包を開くと、中には『ペットが亡くなったときに』という本とピンクの便せんに書かれた「神様」からの手紙が入っていました。

“親愛なるメレディスへ

お手紙をありがとう。あなたのアビーは無事、天国に着きましたよ。
あなたが送ってくれた写真のおかげで、すぐにアビーを見つけることができました。
アビーはもう病気で苦しんではいませんよ。
アビーの魂は私と共にここにいて、あなたの心の中にいる姿そのままに、健康で活発で、遊んだり走ったりするのが大好きです。
アビーはあなた方の家族でいられて幸せでした。

さて、送ってくださった写真ですが、天国では体は必要ないので、しまっておくポケットがないのです。
お返ししますので、思い出として大切にしてくださいね。
心のこもった手紙を書いてくれてありがとう。
この手紙を書いてくれた素晴らしいママにも感謝を!

神様より・・・

(この手紙は天使が神様の言葉を書きとめました)”

これにはメレディスちゃんの両親も驚きです!
「いったいどこのどなたが、アビーを失った娘の悲しみを気にかけてくれたのだろう?」

おそらく郵便局の職員がしてくれたことだろうとは思いましたが、あえて突き止めようとはせず、メディアに「天使」へのお礼を掲載しました。

両親は当時のことをこう語っています。

「メレディスが小包を受け取った時、彼女は幸せでしたが驚いてはいませんでした。手紙が天国に届いたことを信じて疑わなかったのです」


1日ワンクリックで応援お願いします!

投稿日時:2017年10月20日

このページの上部へ戻る