これから犬を飼う方へ~やってはいけない犬へのNG行動

こんにちは。
先日私の友達が、子供にせがまれ、犬を新しい家族に迎えました。 
彼女は子供にこう言ったそうです。
「犬は家族と同じ、あなたといっぱい遊んでくれて楽しい時間をくれる。でも餌をあげたり、毎日必ずお散歩にいかなきゃならない、おしっこやうんこのお世話もしなきゃならない。それができるなら、飼ってもいいよ。それと母さんは家族はお金では買えないと思うから、譲渡会でもらってきたいけど、約束できるなら行こう!」
と言ったそうです。
もちろん子供は大喜び❗譲渡会ですぐに家族が決まったそうです。
今では娘さん、子育てのように毎日甲斐甲斐しくワンコの面倒を見ているそうです。
犬は子供にとって、その一生を見届けることになります。きっと命の大切さを教えてくれるに違いありません。

ただ犬を飼ううえで絶対にやってはならないことがあります。
以下はわんちゃんホンポより抜粋しました。

①中毒性のある食べ物を与える

犬にとって中毒性のある危険な食べ物として

ネギ類
干しぶどう
チョコレート
アボカド
ニンニク
などが挙げられます。これらは犬にとっては毒性があるので与えてはいけません。私たち人間にとっては美味しくて魅力的な食べ物ですが、犬には絶対にあげないようにしましょう。

レーズン(干しぶどう)をあげてはいけない、ということは恥ずかしながら私も最近知りました。幸い愛犬には与えたことはなかったですが、人間の知識は完璧ではないので随時更新していきましょう!

②炎天下での散歩

夏場のお散歩は飼い主さんにとってもきつい時がありますよね。人間よりも体高がかなり低い犬にとっては、地面からの熱がより伝わります。

真夏では地面の温度は約65℃にも達するそうです。そんな環境で歩くということは、肉球が火傷をしてしまったり、熱中症になったりする危険がありますよね。

涼しくなってから散歩にでかけるようにするのはもちろん、散歩の前には地面を飼い主さんが実際に手で5秒程(我慢できなければ熱くすぎる)触ってみて、大丈夫かどうか確認してあげましょう。

その他、室内でも高温にさらすことは危険です。

愛犬がお留守番のときはクーラーをつけていってあげる飼い主さんは多いと思いますが、設定の不注意やクーラーの故障、停電なんかのアクシデントにも対応できるようにしておきましょう。

短頭種は特に注意して夏場を乗り切れるようにしてあげましょう。

③長時間のお留守番

国によっては6〜8時間以上犬だけでお留守番をすれば罰せられることもあります。それほど犬が孤独な時間を過ごすということはいけないことなのです。

また、お留守番中はケージに閉じ込める、という習慣やしつけを行っている方もいるかもしれません。自分がもし狭い場所に長時間入れられて自由を奪われたら嫌ですよね。

犬が自由に好きな場所で休めるように、室内フリーで過ごさせてあげましょう。

④安易に迎え入れる

ペットショップで衝動買い…はいけないことだと理解している人は多いと思いますが、すでに愛犬がいてもう1匹迎え入れようとすること=多頭飼いを始める場合も注意が必要です。

1匹で飼い始める場合は気にしない「犬同士の相性」が問題になってくるからです。犬の里親募集の理由で「先住犬と相性が悪かったので引き取って欲しい」ということが結構見られます。

犬の幸せも考えて、安易に迎え入れないようにしましょう。

1日ワンクリックで応援お願いします!

投稿日時:2017年11月11日

このページの上部へ戻る