飼いやすい大型犬について

こんにちは。
犬好きなら誰もが1度は飼ってみたいと思う大型犬。
小型犬よりも圧倒的に存在感があり、うちのななとももも、頼もしい同志のような存在です。
そんな大型犬ですが、実は小型犬を飼うよりも条件と覚悟が必要なんです。
以下はわんちゃんほんぽより抜粋しました。
参考にしてみてください。

室内飼育が可能
大型犬は庭で飼うイメージが強い犬種ですが、暑さに弱い犬種が多いことからも、しっかりと温度管理のできる室内で飼育することが基本です。

さらに、運動量が必要な犬種ですのでサークルなどに閉じ込めるのではなく、室内で自由にさせてあげることが出来る環境を準備しましょう。

散歩は1日1時間が目安
大型犬はそのほとんどが狩猟犬や牧羊犬として作られているため、運動が不可欠です。運動量が少ないと、エネルギーが不完全燃焼状態なので、その有り余ったエネルギーを発散させる為、散歩時の引っ張り癖や家での破壊行動、吠えるなどといった問題行動へ繋がります。問題行動をする犬の多くは、「運動不足によるエネルギーの不完全燃焼」によって起こります。

最低でも毎日1時間程度はしっかり散歩をさせてあげましょう。その際、アスファルトやコンクリートなどで舗装された道を避け、犬の足や肉きゅうにやさしい、土や砂、芝生などの道を選んでください。

食費、治療費などの費用を用意出来る
小型犬との大きな違いは、なんといっても日々のあらゆる費用。

毎日の食費、フィラリア予防薬やノミダニ予防薬の費用、病気になった時の治療費などは小型犬の比ではありません。

大型犬は小型犬よりも寿命が短いと言えども、10歳以上、長い子では16歳まで生きます。10年以上しっかりと費用を用意出来ることが大型犬を飼う条件です。

老後の世話が出来る
大型犬が老犬になった時、しっかりと老後のケアが出来るかどうかは大変重要です。10年後の飼い主の年齢はどうでしょうか?

大型犬が寝たきりになった時、数時間おきに体位変換の為、持ち上げることは可能か?

歩くことが困難になった大型犬を病院へ連れていく手段はあるか?

現在の状況だけではなく、老後の生活を視野に入れて考えなくては大型犬を飼うことは難しいでしょう。

☆飼いやすい大型犬Best5☆
第1位ゴールデンレトリーバー

温厚な性格と誰にでもフレンドリーな性格のゴールデンレトリーバーは、初めて大型犬を飼う人でも飼いやすい犬種です。

遊び好きで人好きな犬種なので、多くの人に愛されるでしょう。

人との繋がりを大切にするゴールデンは、一緒に過ごす時間を多く確保出来ることと、エネルギーを発散出来るようしっかりとした運動が必要です。

第2位ラブラドールレトリーバー

ゴールデンレトリーバーと同じく、温厚でフレンドリーな性格のラブラドールもとても飼いやすい大型犬です。

しかし、ゴールデンレトリーバーよりもさらにエネルギッシュ!

しっかりとした運動や遊びをさせてあげないと、その有り余るエネルギーは問題行動へと繋がります。
体力と時間のある方向けの犬種です。

第3位ボーダーコリー

大型犬の中では小ぶりな体格で、小柄な子は20kg前後と小さく、女性でも散歩や老後のケアがしやすい大型犬です。

たいへん遊び好きで子供っぽい性格の子が多いことも飼いやすい理由です。

ただ、ボーダーコリーは牧羊犬として牧場で1日中羊を追いかけられるように作られている為、高い身体能力と体力を持っています。

毎日のしっかりとした運動や、定期的にドックランなど広い場所で思いっきり走らせてあげることが必要です。

第4位スタンダードプードル

スタンダードプードルは毛の抜けない犬種です。大型犬は抜ける毛の量も多いので日々の掃除は一苦労。

その点スタンダードプードルは毛がほぼ抜けない為、家の中の掃除は他の犬種に比べ楽と言えるでしょう。

性格はトイプードルと同じく友好的で、さらにトイプードルよりも大人しく温厚な子が多いことも飼いやすい理由の1つです。

しかし、美しい被毛を保つためには、日々のブラッシングや定期的になトリミングがとても大切です。

第5位グレートピレニーズ

グレートピレニーズはボーダーコリーと同じ牧羊犬ですが、その仕事内容は全く異なります。

狼から羊を守る為に、いつ来るかわからない狼をじーっと待てる、とても忍耐強く、少しのことでは動じないどっしりとした性格が特徴です。

ゆったりと日常生活を送るグレートピレニーズも、飼いやすい大型犬と言えるでしょう。しかし、大型犬でも超大型犬に分類されるピレニーズは食費、治療費などもかなりのもの。

さらに60kg近くまでなるその大きな体に何かあったとき、しっかりと介護が出来る環境かを考えましょう。

そして、近くにある動物病院は、超大型犬の入院や手術を行える設備はあるのかも事前に確認しておくことが大切です。

まとめ
日本での犬の飼育頭数は圧倒的に小型犬が多い状態です。しかし、海外では小型犬よりも大型犬の方が人気があります。

それは性格的に小型犬よりも大型犬の方が温厚で飼いやすい子が多いからでしょう。

飼育費と、たくさんの運動をさせてあげられる時間と空間が確保出来るのならば、性格から言えば小型犬よりも大型犬の方が飼いやすい犬種と言えるのかもしれません。


1日ワンクリックで応援お願いします!

投稿日時:2018年2月7日

このページの上部へ戻る