オトナの保護犬と心の絆を結ぶための5つのヒント

こんばんは。
最近では、テレビ番組で芸能人たちもペットショップで買うより、動物愛護団体などで里親募集されている保護犬を引き取って育てていらっしゃいますね。
特に犬好きでよく知られる坂上忍さんや森泉さんはその愛情深さに頭が下がります。
犬を家族に迎えたいと思われる方、やっぱり子犬が人気だそうですが、こんな記事を見つけました。ぜひ読んで参考にしてみてください。
~以下はわんちゃんホンポより~

犬は子犬から飼わないと、という誤解

近頃は犬を飼うと決めた時に、保護団体や里親募集のサイトから迎えようとする人が増えてきました。けれども、そのような団体やサイトでも子犬の人気は高く、成犬は残ってしまいがちな傾向があります。

せっかく保護犬を迎えようとしてくださった人の中にも「犬は子犬からでないと懐かない」と思っている方がいるのは残念なことです。成犬はトイレのしつけが一通りできていたり、行動に落ち着きが出てきていたりして、むしろ犬初心者にはうれしい場合も多々有ります。

そんなオトナの保護犬との強い絆を結ぶためには、どんな心構えでいればいいのでしょうか。

☆犬にとって一番信頼できる人になろう

理由はさまざまですが、保護犬は一度は飼い主によって手放されてしまった犬です。人間にとっては止むに止まれぬ事情だったとしても、その犬生最大とも言える経験は「大好きな人がずっとそばにいてくれるとは限らない」ということを犬に刷り込んでしまっています。何かを信じるということに自信を失っている犬の記憶を上書きするのがあなたの役目です。

犬のための日課のルーティンを作り、可能な限り同じペースで毎日それを繰り返します。散歩や食事、遊びの時間、これらが毎日予想したように始まることで犬は安心感を得ることができ、あなたへの信頼を感じるようになります。

☆オビディエンストレーニングをやってみよう

プロのドッグトレーナーについてオビディエンストレーニングをやってみましょう。

オビディエンストレーニングは日本語にすると「服従訓練」ですが、決して犬に対して無理やり服従を強制するものではありません。人間が基本的なコマンドを出して犬がそれに応じるという訓練ですが、犬と人間がチームになって、いっしょに学び、同じ目的に向かう時間を過ごすものです。

犬は人間に集中して注意を払い、人間は犬の様子を観察しながら指示を出すことが要求されるので、犬と人間の間に対話が生まれ、結びつきが強くなります。

トレーナーから手ほどきを受けることで、犬との対話はずっとスムーズになります。

☆犬と本気で遊ぼう

椅子にすわってスマホやテレビを見ながら、おもちゃを適当に投げたり軽い綱引きをすることは犬と遊ぶとは言えません。犬は自分に注意を払って本気で遊んでいるか、手を抜いているかはちゃんとわかっています。しっかりと犬に向き合い、体力を使って犬といっしょに楽しみましょう。犬は自分が好きなゲームに参加してくれる人にはポジティブな感情を持ちます。

犬に対して「君がうれしいとか楽しいとかを気にかけているよ」ということを示し続けていると、犬もあなたの「うれしいや楽しい」を気にかけてくれるようになるんですよ。

☆触れること、話しかけることを意識しよう

新しい家に迎えられたばかりの犬は、知らない場所で知らない人に囲まれて不安やストレスを感じています。犬が慣れるまではそっとしておくことが重要です。

けれどもそれは犬を無視するということではなく、犬を観察しながら無理を感じさせない範囲で少しずつ触れたり話しかけたりします。(犬の目を真正面からジッと見ないとか、犬の頭の上に手を出さないなどの基本的はことは勉強した上での話とします。)

犬が側に来た時にアゴの下を撫でたり、耳の後ろを軽く掻いてあげることは、犬をリラックスさせます。決して触るために追いかけたりせず、最初のうちは機会があればさりげなく、犬が触られても嫌がらない場所を撫でるようにします。

犬に話しかけることは決しておかしなことではありません。犬にも人間にも心理的なメリットがあることは様々な研究結果が発表されています。

☆まずは期待を捨てよう

あなたが過去に犬との素晴らしい思い出を持っていても、他の人の素晴らしい経験を聞いて感動したとしても、いったんはその期待を捨てましょう。すべての犬はそれぞれみんな違います。

過去に素晴らしい恋愛をしたから新しい恋人とも同じような関係が築けるわけではなく、相手が変われば関係性が変わるのと同じです。

あなたの心の中の犬と目の前の犬を比べている間は強い絆は生まれません。

まとめ

子犬の成長を見守ることは素敵で楽しい経験ですが、過去に悲しい思いをしたり辛い生活をしていた保護犬の表情がだんだん明るくなっていったり、毛並みや体格が見違えるようにきれいになっていくのを見る経験は、なんとも素晴らしいものです。

保護犬の中にも、初めて頭を撫でた時から心を開いてくれるような犬もいますが、心を開くまでに時間のかかる犬もいます。けれども時間のかかる犬も同じように愛情やケアは必要なのです。

ここでは具体的な方法よりも、気持ちの持ち方や犬との向き合い方という少し抽象的なヒントをご紹介しました。具体的な方法は書籍や教室などたくさんの方法があります。ここに書いたヒントが、そういう具体的な方法を利用する時のサポートになれば幸いです。

ご協力をお願いいたします。

投稿日時:2018年3月31日

このページの上部へ戻る