世界で一番醜い犬コンテスト❗

今年で30回目を迎えた「世界一醜い犬コンテスト」が米カリフォルニア州サンフランシスコ郊外のペタルーマで開催され、ミネソタ州在住のミーガン・ブレイナードさんが飼っているイングリッシュ・ブルドックのメス、「ジャジャ(ZSA・ZSA)が優勝。賞金1500ドル(約16万5000円)を獲得した。

 ブレイナードさんはインターネットのペット専門サイトでジャジャと遭遇。だらりと垂れ下がった長い舌が特徴で、いつもよだれを出しているとのこと。なおトロフィーをもらったジャジャは、ブレイナードさんとともにニューヨークでテレビ出演することになっている。

こうした一見ひどいと思われるコンテストですが、「醜い」ことを理由に捨てられた犬たちの殺処分をなくすための里親探しの取り組みの一環でもあるそうです。

よーく見ると、ぶさ可愛くて愛くるしいと思いませんか?(笑)


最も醜い犬に選ばれたザザ。photo by AP

投稿日時:2018年6月26日

このページの上部へ戻る