犬がうなるのはコミュニケーションのひとつ?

こんばんは。
私の友人が飼っているミニチュアダックスフンドは、いつも歯をむき出しにして唸っています。餌をやっても、頭をなでようとしても。(笑)
私にだからかと聞いてみると、何と飼い主にも同じだそうです。
何と可愛いげのない犬と思いきや、飼い主は愛犬にデレデレです(笑)
それはそれでいいのですが、預かる方はたまったもんじゃないと調べていると、こんな記事に出会いましたので投稿します。
~わんちゃんホンポより~

犬が遊んでいたおもちゃを取ろうとしたとき、嫌がる歯磨きをしようとしたとき、遊んでいるつもりで犬にちょっかいを出したとき、知らない犬に近づいていったとき、そんな場面で犬がウーッとうなり声をあげてきたという経験はないでしょうか?
うなったのが自分の犬ならば、「ダメ」と叱る人も多いかと思います。

けれども、うなるのはいけないことなのでしょうか?
犬がうなっているのは、犬の意思表示ではないでしょうか?

アメリカの「獣医学行動学アメリカンカレッジ」という、行動療法を学んだ獣医師の団体に属する行動療法獣医師が説明する「犬のうなり」への理解を紹介します。

犬が恐怖を感じているサインを読み落とす飼い主は多い
伏せをして歯を見せているテリア

カーミングシグナルに代表される、犬が出しているサインは、かなりよく知られるようになってきました。
けれども、犬が恐怖を感じているときのボディランゲージのサインを拾うのが苦手な飼い主さんは案外多いのだそうです。

このことをリサーチした研究はいくつかありますが、2012年にコロンビア大学の研究チームが次のような発表をしています。
犬に関する経験レベルが、犬が出すボディランゲージを読み取る能力にどのように影響するかというもので、犬と接した経験が少ない人は、恐怖を感じているサインを30%程度しか読み取れませんでした。
対して平均的な犬の飼い主は60%程度の理解を示しました。

裏返せば、犬を飼っている人でも犬が発している恐怖のサインを40%程度も見落としているということです。

☆恐怖を感じ、避けようとする犬のサイン11段階

犬が感じる恐怖には、いろいろな種類や段階があります。
知らない人や犬に対する恐怖、痛みに対する恐怖、大切なものを取られる恐怖などで、その恐怖を避けようとするときに、犬は様々なサインを出します。

恐怖の段階が上がっていくにつれ、それを避けようとする行動は攻撃的になっていきます。
イギリス小動物獣医師協会の「犬と猫の行動療法マニュアル」では、この攻撃性の段階を次のような11段階に分類しています。段階が上がるほど攻撃性が高くなります。

1 あくび、まばたき、鼻を舐める 
2 顔をそらす
3 体ごと横を向く、座りこむ、前足を上げる
4 立ち去る
5 伏せる、耳を倒す
6 うずくまる、尻尾を脚の間に入れる
7 横たわる、脚を上げる
8 体をこわばらせる、こちらをじっと見る
9 うなる
10 警告的に吠える
11 咬む

犬が咬むことを選ぶ前に出すサインを受け入れる

上で挙げた段階のうち、1〜4程度は見過ごしている飼い主さんも多いものです。
犬がこれらのサインを出しているときは、恐怖とまでは行かなくても不快に感じており、「放っておいて」「あっちへ行って」というメッセージを送っています。

これらのサインに気づかなかったり、無視したりしていると、犬が感じる恐怖も強くなっていき、「もういい加減にして」と、うなり声をあげることへとつながっていきます。

犬は、うなるという手段の前にいくつかのサインを出して、自分はストレスを感じていると伝えていたはずです。
この段階で犬がストレスに感じる事柄を止めていれば、犬も人もストレスから解放されていたわけです。
人間に意図が伝わらないから、犬は不快感を伝える方法の段階を上げざるを得なかったのですね。

つまり、「犬がうなった」という点だけを見て、うなっている理由を認識しないで単純にその行動だけを止めようとするのは、犬にとって大変理不尽な話です。
まして、ここで罰を与えるなどすれば、犬が咬むことにもつながりかねません。

犬がうなるのは、咬むという最終段階の前に出してくれている「ストップサイン」だと言えます。本当はその前の段階で、人間が犬の意図をくみ取っていることが最善ですが、それでも犬がうなっている段階で人間が一歩引けば、双方のストレスを回避できるのです。

犬がうなるのは、「もう本当にやめて。それ以上構ってくると最終手段に出ないといけなくなるから。」と伝えるコミュニケーションの手段だということです。

☆まとめ

犬がうなるのは、不快感や恐怖を感じていると相手に伝えるための手段、叱ったり罰したりするのではなく、犬の意図をくみ取って犬にストレスを与える行動を止めましょうという、動物行動療法の獣医師の説明をご紹介しました。

全ての犬が咬む前にうなる訳ではありません。
攻撃性の11段階もきっちり、その通りに進む訳ではありません。だからこそ、小さなサインを読み取ることが重要です。

散々サインを出し、ギリギリのところでうなって見せたら、叱られたり罰せられたりということを繰り返していると、犬は不快を感じたときに予告なしに咬むようになってしまうこともあり得ます。
うなって警告を出してくれる犬は親切であるとさえ言えます。
そう考えると、犬とのつきあい方も自ずと変わっていきそうですね。

投稿日時:2018年9月10日

このページの上部へ戻る