愛犬のお散歩で通学路を見守って 獣医師会がパトロール犬を募集

こんばんは。
皆さんは「わんわんパトロール隊」ってご存知ですか?
実はこれ、全国に広がっていて愛犬と散歩することで地域の町の安全を守るという素敵な取り組みです。
下記は、Sippoより記事を見つけましたので掲載します。

地域の子どもを誘拐や殺人、性犯罪といった凶悪犯罪から守るため、千葉県獣医師会(千葉市中央区)が、愛犬家のパトロール部隊を立ち上げる。愛犬と散歩で小中学生の通学路を歩き、何かあったら県警に速報するのが活動の柱だ。

 名付けて「わんわんパトロール」。隊員は愛犬の首輪に「ワン証」を付け、できる限り朝夕に小中学生の通学路を散歩するようにする。県獣医師会所属の動物病院で募集。隊員になれば、愛犬の健康診断の費用を1千円、マイクロチップ装着の費用を1500円割り引いてもらえる。

 県獣医師会は、活動を充実させるため、県警と協定を結んだ。街頭犯罪の発生状況や場所、手口といった情報をリアルタイムに提供してもらうほか、「隊員」の通報を受けて素早く対応してもらう。

 県警との協定締結式に出席した市川陽一朗会長は「未来ある子どもたちへの犯罪被害を防ぐのは社会の責務です。各地で幅広く協力を呼びかけたい」。「わんわんパトロール」の防犯効果が確認できたら、隊員の追加募集も検討するという。

広島でも取り組みが広がればいいですね。

投稿日時:2018年9月17日

このページの上部へ戻る